, コンテンツにスキップする

BofAが警鐘、株式への売りシグナル-投資家の現金保有低下-調査

  • 投資家は2013年以来初めて現金を「アンダーウエート」-BofA
  • 「リスクオン」資産に対しては2011年以降で最も強気

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

経済成長が戻るとの楽観を背景に、ファンドマネジャーらは現金のポジションを縮小しており、リスク資産を選好している。こうした状況を受けて、バンク・オブ・アメリカ(BofA)のストラテジストは警鐘を鳴らした。

  BofAはファンドマネジャーを対象に今月4-10日に調査を実施。調査に応じたファンドマネジャーの運用資産は、総額5340億ドル(約55兆円)に上る。

  この結果によると、現金が2013年5月以来で初めて「アンダーウエート」とされており、現金の比率は4%に低下した。一方、「リスクオン」資産と呼ばれる株式と商品に対しては11年2月以降で最も強気となっている。最も活況な取引のリストでは、ビットコインが浮上した。こうした現金の持ち分急減について、BofAは株式「売り」のシグナルだと指摘する。

  マイケル・ハートネット氏率いるBofAのストラテジストは「投資家のセンチメントは強気だ。ワクチンを巡る期待が『経済活動再開で買い』トレードを強く誘発している」と説明。「21年1-3月(第1四半期)は『ワクチンで売り』というのが当社の意見だ」と続けた。

relates to BofAが警鐘、株式への売りシグナル-投資家の現金保有低下-調査

  調査によると、株式に対しては18年1月以来で最も強気だ。ヘッジファンドの株式エクスポージャーは43%で、高水準にとどまった。

  現金水準の低下と成長に関する楽観的な見通しは景気回復の初期段階を示唆しており、2008年の金融危機やドットコムバブルの後に見られた状況に似ていると、BofAは指摘。

  「回復期待もスピードと度合いの両方で過去のリセッション(景気後退)を上回っている」と記した。

relates to BofAが警鐘、株式への売りシグナル-投資家の現金保有低下-調査

原題:
BofA Flags Sell Signal for Stocks as Investors Rush Out of Cash(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE