, コンテンツにスキップする

マイナス金利の世界は来ない、トレーダーは断念しポジション解消

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

新型コロナウイルス危機の最中には、中央銀行にとって最後の手段であるマイナス金利が世界に広がるのは時間の問題のように思われた。

  マイナス金利はユーロ圏と日本で功罪入り交じった結果をもたらし、なお議論を呼ぶ政策だが、トレーダーらは今年、ニュージーランドと英国、場合によっては米国までもが導入すると見込んだポジションを積み上げていた。3カ国は新型コロナ対策のロックダウンの間に特に積極的に金利を引き下げたが、いずれもマイナス金利には踏み込まなかった。

Unlike the ECB, the RBNZ and BOE have never taken interest rates negative

  しかしトレーダーらは現在、マイナス金利の可能性はますます低くなっていると考えている。政策当局者の多くは債券購入と特定セクター向け支援プログラムという「新しい慣行」を選好しているからだ。何兆ドルもの債券が今もマイナス利回りで取引されてはいるが、世界の成長に関する楽観が戻るのに伴い、債券投資家は利回り低下ではなく上昇の見込みに目を向けている。

  ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントの国際市場戦略責任者、ジェームズ・アシュリー氏は「まだマイナス金利を導入していない中央銀行は、その一線を越えることについて非常に慎重になるだろう」と述べた。政策当局が成長を支える必要がある場合、「大規模な資産購入(LSAP)のような非伝統的手段に頼る方が無難ではないだろうか」と指摘した。

  三菱UFJモルガン・スタンレー証券のシニアマーケットエコノミスト、 井上健太氏は「米連邦準備制度は日本銀行と欧州中央銀行(ECB)の政策を入念に調査してきた」が、「現時点で、マイナス金利政策が経済と市場にプラスの影響を与えることを示す証拠はない」と述べた。

  短期金融市場のトレーダーらは、米国とニュージーランドが来年にマイナス金利を導入すると見込むポジションを解消した。英国でも利下げは見込まれるものの、ゼロで踏みとどまるとみられている。

  米金融当局者がマイナス金利の可能性に否定的な発言をしていることや、景気への楽観で、投資家は米国債イールドカーブのスティープ化を見込む取引に乗り換えている。

Fed funds futures no longer pricing in negative U.S. rates next year

Keeping Positive

Bank of England has resisted global rate push below zero

原題:World of Negative Rates Recedes in 2021 as Traders Capitulate(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE