, コンテンツにスキップする

シンガポール、ビジネス目的の渡航者入国で新たな仕組み-来月導入

シンガポールはビジネスや公用などの目的で入国する人を対象に短期滞在を認める新たな仕組みを始める。チャン・チュンシン(陳振声)貿易産業相が15日発表した。空港近くに専用の滞在施設を設ける。

  利用申請は来月からで、どの国からの渡航者も申請できるが、厳しい衛生・検査規定に従う必要がある。最長14日まで滞在する入国者は専用施設内の「バブル(泡)」に入り、到着時と3・5・7・11日目に検査を受け、全ての安全管理措置を順守することが義務付けられる。

シンガポール、ファイザー製ワクチン使用認可-集会規制を28日に緩和

  会合は施設内で可能となるが、シンガポール居住者と会う場合は床から天井まである間仕切りを設ける必要があるという。

原題:Singapore to Open for Business Travelers, Put Them in Bubble (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE