, コンテンツにスキップする

SPACの台頭、3000億ドル相当のM&A実現も-ゴールドマン予測

「ブランクチェック(白地小切手)会社」と呼ばれる特別買収目的会社(SPAC)は、今後2年間で3000億ドル(約31兆1200億円)相当のM&A(企業の合併・買収)をもたらす可能性がある。米ゴールドマン・サックス・グループが予測した。

  デービッド・コスティン氏率いるゴールドマンのストラテジストによれば、SPACが今年調達した資金は700億ドルと、前年から5倍の伸び。M&Aブームを主導するのは利回りの追求で、SPACの関心はバリュー株からグロース株へと移っている。さらに従来型ではない、初期段階のビジネスに注目している個人投資家もブームを押し上げているという。

  約205社のSPACが新規株式公開(IPO)を通じて610億ドルを調達し、買収の標的を探しているとゴールドマンは指摘する。

  ゴールドマンのストラテジストらは、「もし今年のように、SPACの自己資本に対しM&A対象企業の評価額が5倍という傾向が続く場合、今後買収の標的となる企業の評価額は合わせて3000億ドルとなる可能性がある」と分析した。

Gauge of blank-check firms outperformed S&P 500 since end-July

原題:Goldman Strategists Say SPACs May Spur $300 Billion M&A Activity(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE