, コンテンツにスキップする

きょうの国内市況(12月14日):株式、債券、為替市場

国内市況の過去の記事はこちらです。指標はここをクリックして下さい。

●TOPIXが小幅続伸、日銀短観で景況感改善を好感-製造業に買い

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  東京株式相場は上昇。日銀短観で大企業・製造業の景況感が2期連続改善したことを好感して、機械など製造業を中心に買われた。TOPIXは取引時間中で2年ぶりとなる1800ポイントを回復する場面があった。

  • TOPIXの終値は前営業日比8.51ポイント(0.5%)高の1790.52
  • 日経平均株価は79円92銭(0.3%)高の2万6732円44銭

  JPモルガン・アセット・マネジメントの前川将吾グローバル・マーケット・ストラテジストは、日本株の上昇について、米財政政策への期待や、リスクイベントと意識されていた英国と欧州連合(EU)の通商交渉が継続で合意するなど、「海外市場の良い流れを受け継いでいる」と説明した。中長期的に生産活動が回復基調であることから、景気敏感株を中心に日本株指数は上昇していくと予想した。

  もっとも午後の株価指数は上げ幅を縮小した。前川氏は、政治を巡る不透明感が払拭されていないことや、米連邦公開市場委員会(FOMC)に向けた緩和期待が完全に織り込まれていないことなどで短期的には見極め姿勢が続き、調整リスクがあるとも指摘した。

  • 東証33業種は海運、機械、その他金融、輸送用機器、情報・通信が上昇
  • 証券・商品先物、空運、精密機器、サービス、食料品は下落

●超長期債は下落、40年債の増発懸念で売り優勢-長期金利横ばい

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  債券市場では超長期債が下落。前週末の国債市場特別参加者(プライマリーディーラー、PD)会合で40年債の増発を求める声が多かったことから売りが優勢となった。一方、長期金利のゼロ%割れが意識されやすい水準では、積極的な買いは手控えられやすいとの指摘が聞かれた。

  • 新発40年債利回りは前週末比2ベーシスポイント(bp)高い0.67%
  • 新発20年債利回りは1bp高い0.385%、新発30年債利回りは1.5bp高い0.625%
  • 新発10年債利回りは横ばいの0.01%
  • 長期国債先物3月物の終値は6銭高の152円12銭。前週末の米長期金利低下を受けて買いが先行し、一時152円15銭まで上伸した
  • 3月物の日中売買高は1兆1269億円と中心限月ベースで10月以来の低水準

SMBC日興証券の奥村任ストラテジスト

  • PD会合で、40年債の増発を求める意見が多くみられ、来年度の国債発行計画が発表されるまでは思惑が生じやすい
  • 超長期ゾーンは海外金利対比でも低下が進んでいたため、反動が出やすい時間帯
  • 一方、5年ゾーンの需給引き締まり感は相場のサポート材料になったものの、10年債はゼロ%以下の金利水準が見込みにくいため上値が重い

●ドルは104円付近、リスク選好も小動きに終始-交渉延長でポンド急伸

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  東京外国為替市場のドル・円相場は1ドル=104円ちょうど付近で推移。米国の財政協議の進展期待や新型コロナワクチン接種開始などを背景にリスク選好のドル売りが重しとなる一方、米長期金利の上昇などが下支えとなり、小幅な値動きに終始した。ポンドは英国と欧州連合(EU)の通商交渉延長を受けて急伸。

  • ドル・円は午後3時19分現在、前週末比ほぼ変わらずの104円01銭。日中高値の104円12銭から103円86銭まで軟化した後は104円ちょうど前後でもみ合った
  • ポンド・ドルは0.8%高の1ポンド=1.3327ドル。早朝には一時1.3384ドルと1%以上上昇する場面も

あおぞら銀行の諸我晃チーフマーケットストラテジスト

  • 米財政協議が少し進展しそうだとの期待もあり、リスクオン的な動きになっているが、交渉継続でポンドが買われてドルが売られた後はそこまで安心感はないということでドルも買われたりと売り買いが交錯
  • 日銀短観も予想よりは強めだったが、コロナ感染拡大が続いている状況で先行きも今の予想通りにいかない可能性があり、マーケットの反応は限定的
  • ワクチン接種開始はポジティブだが、感染も拡大していてロックダウン(都市封鎖)したりと好悪材料が混在。ドル・円は104円中心に方向感のない動きが続きそう
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE