, コンテンツにスキップする

GoToトラベル、全国で一時停止へ-28日から1月11日

更新日時
  • 27日まで東京・大阪・名古屋・札幌の到着は停止、出発も自粛要請
  • 菅首相、緊急事態宣言発令は検討していない

菅義偉首相は14日、観光支援事業「Go Toトラベル」について、全国で一時停止する方針を示した。期間は28日から1月11日。

  今月27日までについても東京、大阪、名古屋、札幌への到着分は停止する。出発分も利用を控えるよう求める。飲食店にも、営業時間短縮の延長を要請した。

  菅首相は記者団に緊急事態宣言発令は検討していないと話した。新型コロナウイルス感染症対策本部では「年末年始にかけてこれ以上の感染拡大を食い止め、医療機関などの負担を軽減し、皆さんが落ち着いた年明けを迎えることができるよう、最大限の対策を講じることにした」と話した。

  専門家らによる分科会は、感染が急増するステージ3相当の対策が必要な地域を対象に一時停止を提言していた。

Hakone Resort As Tokyo Added To Government's Domestic Travel Campaign

「GoToトラベル」でにぎわう箱根(10月)

  東京都の小池百合子知事は、酒を提供する飲食店などへの営業時間の午後10時までの短縮要請を、1月11日まで延長する方針を示した。協力した中小事業者には一律100万円を支給する。財源として470億円の補正予算を都議会に追加提案する。

  小池知事は「国難を国と都も一緒に乗り越えていこうという意思は共有できた。いろいろと調整の間はやり取りがあったが、建設的なものだったと考えている」と話した。

  「勝負の3週間」として対策の徹底を呼び掛けた期間は終盤に入っているが、全国的に収束の兆しは見えていない。東京都でも12日の感染者数は過去最多の621人となり、14日には305人の感染が発表された。

  感染状況は菅政権の浮沈も左右しそうだ。毎日新聞が12日に実施した世論調査によると支持率は40%で、前回調査(11月7日)の57%から17ポイント下落。コロナ対策を「評価する」は14%で、前回から20ポイント下がり、「評価しない」は62%(前回27%)に上昇した。

新規感染者数の推移

出所:東京都

(小池知事の発言を追加して更新しました)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE