, コンテンツにスキップする

トランプ氏ら米首脳に近く新型コロナワクチン提供-関係者

更新日時
  • 接種は早ければ14日から開始、行政・立法・司法の首脳に
  • 自分は接種の「予定ない」とトランプ大統領

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

トランプ大統領ら米政府首脳に対し、新型コロナウイルスワクチンが数日中に提供されると、事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  米当局から緊急使用許可(EUA)を与えられた米ファイザーと独ビオンテックのワクチンは行政・立法・司法の首脳に提供され、接種は早ければ14日に開始されるという。接種は副反応が起きた場合に備えて、10日間にわたって時期をずらして行われる。

  トランプ氏は13日のツイートで、「もう少し後に」接種を受けるよう政府高官に指示したことを明らかにした。自身については接種の「予定はない」とした。

  衛生当局者らはワクチンへの国民の信頼感向上を目指しており、関係者によると、政府首脳らへのワクチン提供は衛生当局者と国家安全保障高官が勧告したという。

  ホワイトハウスの国家安全保障会議(NSC)のウリオット報道官は13日遅く出した声明で、首脳を対象にした接種計画を確認した。

原題:Trump, Top Officials To Be Offered Covid Vaccine Within Days (2)(抜粋)

(3段落目にトランプ氏のツイートを追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE