, コンテンツにスキップする

英EU通商交渉、今後も継続で両首脳合意-「時間切れ」迫る中で

更新日時
  • 「一層の努力を重ねる」と両首脳、交渉担当者が早期合意目指す
  • 週半ばまでの合意成立もあり得なくはない-双方の複数の関係者

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

欧州連合(EU)と英国は、通商交渉をさらに継続することで合意した。ただ、深刻な対立が残る中、残された時間はほぼなくなっているのが現状だ。

  EUの行政執行機関、欧州委員会のフォンデアライエン委員長とジョンソン英首相は13日に電話会談を行い、EUと離脱後の英国との自由貿易協定(FTA)締結交渉の継続で合意した。

  両首脳は電話会談後の共同声明で、「ほぼ1年にわたる交渉で双方とも力を尽くしてきたが、一層の努力を重ねる」と表明。ジョンソン首相は、英国は合意に向けて努力し、希望がある限りは協議から立ち去らないと述べた。

U.K. PM Johnson Hopes For Dinner Diplomacy To Seal In Brexit Deal

ジョンソン英首相(左)とフォンデアライエン欧州委員長(12月9日、ブリュッセル)

life: a dinner with the head of the European Commission in Brussels that could make or break a post-Brexit trade deal. Photographer: Aaron Chown/PA Media/Bloomberg

  双方の交渉担当者がブリュッセルで協議を続ける一方、フォンデアライエン欧州委員長はパリでマクロン仏大統領と現段階の状況について話し合う。

  英国とEUの協議は13日にかけ夜を徹し続けられた。フォンデアライエン委員長とジョンソン首相はこれまで、週末が終わるまでに協議を取りやめるかどうか決断すると述べていた。 

  通商合意がないまま離脱移行期間が年末で終了すれば、英国とEUは来年1月1日から世界貿易機関(WTO)の条件に基づく通商取引に移行せざるを得ず、企業のコスト上昇とサプライチェーンの混乱は避けられない。

  両首脳は13日の電話協議は「有用だった」と述べたが、合意が近づいたかどうかは言及しなかった。

  ジョンソン氏はテレビ局との代表インタビューで、「努力を継続し、全力を傾ける。可能な限り知恵を絞る」と発言。「幾つかの重要な点でまだ大きな隔たりは残っている」とした上で、「希望はある」と述べた。

  英国とEUの当局者は過去1週間交渉を続けてきたブリュッセルにとどまり、数日以内の合意成立を目指す。進展があれば、週半ばまでの合意成立もあり得なくはないと、双方の複数の関係者は述べた。

  両首脳は共同声明で、この日の電話会談で「未解決の主要な問題について協議した」と明らかにした上で、双方が「交渉担当者に交渉を継続し、遅い段階ではあるが合意が可能かを見極めるよう委任した」と発表した。

合意を阻む2つの壁

  英国とEUの交渉は「英海域でのEU漁船の漁業権」と「公正な競争環境」の2点が合意への主な障害となっている。

  ジョンソン首相は「英国がEU規制の圏内に固定されることは容認できない。漁業権の管理も取り戻さなくてはならない。4年半前に国民投票でそのように支持されたのだから当然だ」とし、「いまや最も考えなくてはならないのは、WTOルールに準備する必要があるということだろう」と語った。

  またラーブ英外相は先に、EUが漁業権と公正な競争環境に関する立場を変更すると約束した場合にのみ、英国は交渉を続けることに合意するだろうと述べていた。

  ドイツのメルケル首相は13日にベルリンで行った記者会見で、EUは合意に向けて「あらゆることを試すべきだ」と発言。その上で「交渉における立場は何ら変わっておらず、協議が容易でないという事実は明らかだ」と述べた。

原題:Johnson and EU Keep Brexit Talks Alive, Raising Hopes of a Deal(抜粋)

(メルケル独首相の発言などを追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE