, コンテンツにスキップする

FDAに米政権圧力、ワクチンEUA付与か長官辞任かを迫る-報道

メドウズ米大統領首席補佐官は11日、米食品医薬品局(FDA)のハーン長官に対し、同日中に米ファイザーの新型コロナウイルス感染症(COVID19)ワクチンに緊急使用許可(EUA)を付与しないのであれば辞任せよと迫った。米紙ワシントン・ポストが事情を知る複数の関係者の話として報じた。

  報道によると、この警告を受けてFDAはEUA付与のタイミングを12日午前から11日に前倒しした。ホワイトハウスの関係者はコメントを控えた。

  FDAの諮問委員会は10日の会合で、同ワクチンのEUA申請について協議し、16歳以上の人の接種によってもたらされる恩恵がリスクを上回ると判断した。FDAは諮問委の勧告に従う義務はないが、その通りの決定を下すことが多い。

  ハーン長官は、11日付でEUAを付与しないなら辞任するよう告げられたというのは、メドウズ氏との電話のやり取りの「誤った描写」だとして報道内容を否定。EUA申請について「FDAは引き続き迅速に作業を進めるようにとの働き掛けだった」と声明で説明した。

原題:FDA Head Told to Resign If Vaccine Not Cleared Friday, Post Says(抜粋)FDA Chief Says Report of Firing Threat Over Vaccine Is ‘Untrue’(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE