, コンテンツにスキップする

ECB銀行監督当局、銀行利益の20%上限に配当再開認める案を検討

  • 英中銀は利益の25%未満の配当許可、ECBは保守的なアプローチか
  • ECB銀行監督委員会は来週、銀行配当再開を巡る会合を開催

銀行が配当を通じて株主に還元できる利益について、欧州中央銀行(ECB)銀行監督委員会はイングランド銀行(英中央銀行)よりも保守的なアプローチを検討している。

  非公開の協議内容だとして匿名を条件に語った複数の関係者によると、ECB銀行監督委は域内の最も健全な銀行に限り、今年1-9月の利益の約20%を上限に配当を認めるかどうかを検討している。当局としては、金融システム内に資本をとどめたい狙いがある。この上限は、英中銀が10日に国内銀行に対して許可した利益の25%未満という水準を下回る。

  条件はまだ合意されておらず、ECB銀行監督委が事実上の配当禁止を解除すべきか、するとしたらどのように解除するかを判断する来週の会合で変わる可能性も依然ある。同委員会はECBが指名した当局者と各国の銀行監督トップから成る。ブルームバーグは10日、十分な財務力がある銀行にだけ配当再開を認める妥協案を同委員会が検討していると報じた。

欧州の銀行監督当局、例外除き事実上の配当禁止延長を支持-関係者

  ECBの報道担当者はコメントを控えた。

原題:
European Regulators Weigh 20% Cap on Profits for Bank Dividends(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE