, コンテンツにスキップする

香港当局、蘋果日報オーナーの黎智英氏を国安法違反で起訴

香港のメディア企業ネクスト・デジタル(壱伝媒)創業者、黎智英(ジミー・ライ)氏が香港国家安全維持法(国安法)に違反し外国勢力と結託した罪で起訴される。国安法を制定し強権的な香港統治を進める中国に対する国際社会からの批判が一段と高まりそうだ。

  香港メディアが黎氏起訴について11日報じた後、警察は声明を発表。声明は黎氏の氏名には触れていないが、起訴方針を確認したものとみられる。

  声明は「香港警察の国家安全部門による徹底的な捜査」の結果だとする「『国家安全に危害を加える外国もしくは外部勢力と結託』違反での73歳の男に対する新たな起訴」を発表。この事案は12日午前に西九竜裁判法院で「言及」されるとしている。

Hong Kong Media Tycoon Jimmy Lai Arrested in Latest Blow to Democracy Camp

自宅から連行される黎智英氏(8月10日)

  民主派支持の香港紙、蘋果日報(アップル・デーリー)のオーナーでもある黎氏(73)は8月に国安法違反の疑いで逮捕され、この時は保釈されていた。黎氏は今月に入り8月の逮捕に関係する新たな容疑で再び逮捕された。

関連記事

原題:Hong Kong’s Jimmy Lai Charged With Collusion Under Security Law(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE