, コンテンツにスキップする

シタデル、商品投資で今年1040億円利益と関係者-5つの戦略がプラス

ケネス・グリフィン氏率いるヘッジファンド運営会社シタデルは、今年に入り商品投資で10億ドル(約1040億円)を上回る利益を出した。事情に詳しい関係者1人が明らかにした。

  シタデルは株式と商品、他の証券を含む5つのストラテジーを柱としており、10月1日時点の運用資産額は350億ドル。石油と電力、天然ガス、農産品を中心とする同社の商品投資の利益については、事情に詳しい関係者3人からの情報を引用し、ロイター通信が先に伝えていた。

  シタデルの広報担当者はブルームバーグ・ニュースの取材に対し、コメントを控えている。

  旗艦ファンドであるマルチストラテジーのウェリントン・ファンドが1-11月はプラス21%の運用成績を残したとブルームバーグが先週伝えた。今年のリターンがいずれもプラスになっている5つの主要な投資ストラテジー全てが、利益に寄与したという。

原題:Citadel’s Commodities Bets Return More Than $1 Billion in 2020(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE