, コンテンツにスキップする

独キュアバックに初の売り判断、ワクチンレースで出遅れとクレディS

ドイツの医薬品開発企業キュアバックに対し、初めて売り相当の投資判断が付けられた。新型コロナウイルスのワクチン開発進展を受けた株価急騰で、同社の企業価値は8月の株式上場から今月10日午前までに8倍に膨らみ、240億ドル(約2兆5000億円)となっていた。

  クレディ・スイスのアナリスト、マーティン・オースター氏はキュアバックのワクチンについて、初期結果は有望だったが、より大規模な臨床試験のデータは2021年前半まで出ない見込みで、ワクチンレースで「後発組」になったと指摘。投資判断を「中立」から「アンダーパフォーム」に引き下げた。一方で、目標株価は47ドルから50ドルに引き上げた。

  レースをリードする米ファイザーと独ビオンテック開発のワクチンや、米モデルナの製品と同じく、キュアバックのワクチンはメッセンジャーRNA(mRNA)技術を用いている。ただ、同社ワクチンは「競合他社が設定した有効性基準に到達するのに苦戦するかもしれない」ことが初期データからうかがえると、オースター氏はリポートで指摘した。

CureVac's 8-fold climb draws first bear as Credit Suisse says sell

  キュアバックのワクチン開発は、テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が支援している。10日の米株式市場でキュアバック株は下げ、前日比5.4%安で取引を終えた。

原題:
Tesla-Backed Vaccine Stock Gets First Sell After 752% Rally (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE