, コンテンツにスキップする

米ブロードコム、法人顧客からの軟調な需要を警告-時間外で株価下落

アップルなどに製品を供給している半導体メーカーのブロードコムは10日、法人顧客からの需要が軟調だと警告した。これを受け、ブロードコム株は同日の時間外取引で一時2.5%下落。通常取引の終値は前日比1.5%安の410.04ドルだった。

  ホック・タン最高経営責任者(CEO)は発表資料で、「クラウドからのネットワーキング需要やサービスプロバイダーからのブロードバンド需要が継続したことで、力強い第4四半期と共に1年を締めくくった。ただ、企業からの需要は軟調に推移した」と述べた。

  同社発表によれば、8-10月(第4四半期)の純売上高は前年比12%増の64億7000万ドル(約6700億円)で、一部項目を除外した1株利益は6.35ドル。アナリスト予想は売上高が64億3000万ドル、1株利益が6.25ドルだった。

  同社は、2020年11月-21年1月(第1四半期)の売上高は約66億ドルを見込んでいる。ブルームバーグがまとめたアナリストの予想平均は65億ドル。

原題:
Broadcom Warns of Soft Enterprise Demand, Shares Slip(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE