, コンテンツにスキップする

英当局、国内銀行に配当再開を許可-HSBCやバークレイズに朗報

  • 今年の配当設定には条件付き、上級幹部ボーナスにも警告
  • EU当局に先んじて決定、英大手銀行は十分健全と判断

イングランド銀行(英中央銀行)は銀行に課している事実上の配当禁止措置を緩和した。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)で生じ得る損失を乗り越えられるほど、国内の最大手銀行は十分に健全だと結論づけた。

  HSBCホールディングスやバークレイズなど英国の大手銀行に朗報となった。英国を含む欧州の当局が3月、新型コロナの影響で生じる損失をカバーするために銀行に資本の内部留保を呼び掛けて以来、各行は配当を停止している。銀行幹部らは配当再開への期待を公に表明していた。

  ただ今年の配当設定では、年末時点のリスク加重資産の20ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)を超えない、または配当差し引き後の2019年と20年の累積四半期利益の25%を超えないなどの条件が付く。来年には元のアプローチに戻るという。

  英当局は銀行に対し、上級幹部に現金で支給するボーナスについても「細心の注意と慎重さ」をもって決定するよう求めた。

関連記事:欧州の銀行監督当局、例外除き事実上の配当禁止延長を支持-関係者

原題:
U.K. Banks Allowed to Resume Dividends In Win for HSBC, Barclays(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE