, コンテンツにスキップする

米失業保険申請、予想大幅に上回る85.3万件-新たな制限措置響く

先週の米新規失業保険申請件数は急増。市場予想も大きく上回り、9月以来の高水準となった。新型コロナウイルスの感染抑制を目的とした制限措置の拡大で、雇用を失う人が増加したことを示唆する。

キーポイント

  • 新規失業保険申請件数(5日終了週)は、通常の州プログラム下で前週比13万7000件増の85万3000件
    • ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は72万5000件
    • 前週は71万6000件(速報値71万2000件)に修正
  • 季節調整前ベースでは約22万9000件増加
  • 前週(11月28日終了週)は感謝祭の祝日が含まれていた
    • 祝日の前後はデータの変動が大きくなる傾向がある

  失業保険の継続受給者数(11月28日終了週)は23万人増えて576万人。市場予想は521万人だった。継続受給者数の増加は8月以来。

Filings for U.S. initial jobless benefits jumped more than expected last week

  今回の新規申請件数増加は、外食産業など対面での営業を行う事業者への新たな制限措置で向こう数週間に労働市場の回復ペースが鈍化することを示唆している。12月中に最初の新型コロナワクチン配布が見込まれており、感染拡大の抑制や制限措置の緩和につながる可能性はあるものの、国民に十分行き渡るまでには数カ月を要する可能性が高い。

  長期失業者向けに連邦政府が設けたパンデミック緊急失業補償(PEUC)を受けている人(11月21日終了週)は、やや減少し453万人。

  連邦政府のパンデミック失業支援(PUA)プログラムの継続受給者数(11月21日終了週)は856万人に減少した。PUAは自営業者や単発の仕事を請け負うギグワーカーなど、各州が設けている通常の失業保険では対象外となる労働者に適用される。

  州別では先週、カリフォルニアとイリノイ、テキサスで特に新規申請件数の増加幅が多かった。一方でケンタッキーやルイジアナ、ミシガンなどでは大きく減少した。

  統計の詳細は表をご覧ください。

原題:U.S. Jobless Claims Jump to Three-Month High Amid New Shutdowns(抜粋)

(統計の詳細を追加し、更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE