, コンテンツにスキップする

GEに2億ドルの課徴金、電力部門と過去の保険事業の会計処理巡り

  • 複数の事業で情報開示を怠り、投資家の重大な誤解を招いたとSEC
  • GEは肯定も否定もせず、本件の決着が株主の最善の利益と説明

ゼネラル・エレクトリック(GE)は電力部門と過去の保険事業の会計処理を巡り投資家を欺いたとして、米証券取引委員会(SEC)から2億ドル(約209億円)の課徴金支払いを命じられた。

  SECは9日の声明で、GEは電力部門の2016、17両年の利益について、かなりの部分が先のコスト見通し引き下げに起因することを株主に伝えるのを怠ったと説明。さらに、15-17年の長期介護保険事業ポートフォリオでの費用見通しを下げた際、将来の債務を巡る不確実性を開示しなかったとも主張した。

  SECのアバキアン法執行局長は声明で、「GEが複数の事業にわたり情報開示を幾度も怠ったことで、公表された利益と現金の伸びがどのように生み出されたかについて投資家の重大な誤解を招いた」と指摘した。

  GEはSECへの届け出で、本件を決着させることが同社と株主の最善の利益になるとの結論に至ったと説明。SECの主張については肯定も否定もせず、一部アナリストが警告していた過去の財務報告の修正は義務付けられない。

関連記事:GE、不正会計疑惑でSECの措置に直面も-過去の保険事業

原題:
GE Fined $200 Million in SEC Probe of Power, Insurance Units (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE