, コンテンツにスキップする

クレディ・スイス、再保険2部門を閉鎖-主要投資家が資金引き揚げ

  • 対象となるフンボルトとケルビン、新規の引き受けを来年停止
  • 計20億ドルの両部門の資産、向こう数年で徐々に規模縮小へ

スイスの銀行クレディ・スイス・グループは、傘下の再保険2部門を閉鎖する。複数の主要投資家が資金を他に移したことを受けた措置。

  9日の発表資料によれば、対象となるフンボルトケルビンは新規の引き受けを来年停止する。英領ガーンジーに本拠を置く両部門の閉鎖は、保険関連投資の提供で最大手の一角を占める同行の資産管理部門にとって打撃だ。

  クレディ・スイスは電子メールで送付した発表資料で、「主要な機関投資家2社が今年独自に下した戦略的決定により、両部門は再保険事業への参加を2021年に打ち切る」と指摘。計約20億ドル(約2100億円)に上る両部門の資産について、「向こう数年で資産規模を徐々に縮小する予定だ」と説明した。

原題:
Credit Suisse Shuts $2 Billion Insurance Units After Withdrawals(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE