, コンテンツにスキップする

金相場、ビットコイン台頭を受けて長期的に低迷へ-JPモルガン

  • 投資家によるビットコイン採用、始まったばかり-ストラテジスト
  • 投資資金は金ETFから流出、ビットコイン連動ファンドには流入

金融市場での暗号資産(仮想通貨)の台頭は、金を犠牲にして起きているとJPモルガン・チェースは指摘している。

  ニコラオス・パニギリツオグル氏らストラテジストによると、投資資金は10月以降、ビットコイン価格に連動するファンドに押し寄せた一方、金からは流出。この傾向は暗号資産のポジションを構築する機関投資家が増えるのに伴い、長期的に継続する見込みだという。

  「機関投資家によるビットコイン採用はまだ始まったばかりである一方、金の採用は非常に進んでいる」と同氏らは指摘した。

  JPモルガンによると、機関投資家に人気のグレースケール・ビットコイン・トラストには10月以降、20億ドル(約2100億円)近い資金が流入。対照的に、金連動型上場投資信託(ETF)からは70億ドルが流出した。

Bitcoin hit a record as investors yanked cash from gold funds

金よりもビットコインを買うべきか-ウォール街で最も熱い議論に

  JPモルガン・チェースの試算によると、ファミリーオフィスの資産に占める割合はビットコインが0.18%にとどまるが、金ETFは3.3%となっている。投資対象が金からビットコインに傾けば、 数十億ドル規模の資金がシフトすることになる。

  同行によれば、このテーマに基づく投資方法の1つはSPDRゴールド・トラストを3口売却し、グレースケールを1口購入することだという。

  「この中長期的な理論が正しければ、今後数年間で金の価格は資金フローの構造的な逆風に直面する」と指摘。ただ短期的には、ビットコインの上昇が行き過ぎ、金相場が持ち直す可能性が高いとした。

原題:
JPMorgan Says Gold Will Suffer for Years Because of Bitcoin(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE