, コンテンツにスキップする

ブリッジウォーター、サステナビリティー目標連動のファンド開始へ

  • 2021年に2本のサステナブルファンドを開始する計画
  • 業界には大きな変化が起こりつつある-ステンデバッド氏

レイ・ダリオ氏のヘッジファンド会社、ブリッジウォーター・アソシエーツは世界的なサステナビリティー(持続可能性)目標に連動する戦略のファンドを開始する。社会や環境を意識した投資への需要に対応する。

  ブリッジウォーターは2021年に、2本のサステナブルファンドを開始する計画。同社は今年、社会的目標と経済的目標を同時に満たす資産運用方法についての助言を開始した。この取り組みは、上級投資エグゼクティブのカーステン・ステンデバッド氏やブライアン・クレイター最高執行責任者(COO)らが統括している。

  「業界には大きな変化が起こりつつある。投資の目的が、リスクとリターンばかりでなく、その影響をも含むようになった。サステナブル投資は業界で最重要の戦略アジェンダだ」とステンデバッド氏は電話インタビューで述べた。

  経済的なリターンと同時に社会的なリターンをもたらすことを目指した投資の人気が増す中で、米国でのサステナブル投資は今年初めに17兆1000億ドル(約1780兆円)に上り、17年末から42%増えていた。US・SIFファウンデーションのデータが示した。

  ブリッジウォーターの新戦略ファンドは、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」に最も一致する証券に投資する。

原題:Dalio’s Bridgewater Adds Fund Strategy Focused on Sustainability(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE