, コンテンツにスキップする

ソニー、米アニメ運営会社を約1222億円で買収-エンタメ関連強化

更新日時
  • 一定の運転資金などを調整後、対価は現金で支払う
  • 買収先事業はアニメやモバイルゲームを展開、有料会員300万人超

ソニーは10日、米AT&Tのアニメ配信事業「クランチロール」の運営会社イレーションを約1222億円で買収すると発表した。アニメや音楽などエンターテインメント事業を強化する。

  発表によると、運転資金などの調整を経た上で、現金で買収する。関係当局の承認や許可の取得が前提。今期(2021年3月期)の業績見通しに与える影響は軽微としている。

Sony Corp. CFO Hiroki Totoki Presents Third-quarter Earnings Figures

米アニメ運営会社を約1222億円で買収

  ソニーの音楽事業では、連結子会社のアニプレックスが制作、配給にかかわる劇場版「鬼滅の刃」無限列車編の興行が好調。鬼滅の刃の興行収入は公開52日間で約288億円を突破した。

  クランチロールでは、アニメやモバイルゲームなどの配信を行っており、200以上の国と地域で300万人以上の有料会員と9000万人の無料会員を抱える。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE