, コンテンツにスキップする

任天堂「スイッチ」の切り札は中国市場-販売台数で競合圧倒

更新日時
  • スイッチの中国での年初来の販売台数は130万台余り-調査会社
  • 任天堂は中国市場での覇権に一番近いところにいる-アナリスト

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

中国での正式発売から1年を迎えた任天堂の家庭用ゲーム機「スイッチ」は、これまでソニーマイクロソフトなどのゲーム機が敬遠されていた同国のゲーム機市場で、既に販売台数トップの座を確立している。

  中国ではテンセント・ホールディングス(騰訊)を通じて販売されるスイッチだが、ゲーム市場調査会社ニコ・パートナーズによると、正規とグレーマーケットを通じた販売台数は年初来で130万台を超えた。これは、同期間のソニー「プレイステーション4(PS4)」とマイクロソフト「Xbox One(エックスボックス・ワン)」の合計販売台数の約2倍となる。スイッチの同国での累計販売台数は400万台近くとなっている。

How 'Animal Crossing' Is Preparing Players To Trade Stocks

スイッチでプレー中の「あつまれ どうぶつの森」

  任天堂が中国においてハードウエアで初のヒットを記録している背景には、テンセントの販売力と新型コロナウイルス禍による巣ごもり需要、一連の強力なゲームソフトのリリースがある。スイッチは世界市場では、ソニーの「プレイステーション5(PS5)」やマイクロソフトの「Xbox シリーズX」といった新型ゲーム機との厳しい競争に直面している。こうした競合機種はグラフィックス性能などが大幅に優れ、今冬のホリデー商戦で人気商品となっている。

「PS5」売り切れ続出、買い求める人の列-ブラックフライデー商戦

China's Console War

Despite a late start, Nintendo's Switch outsells rival devices from Sony and Microsoft in the world's largest gaming arena

Source: Niko Partners estimates

Lifetime sales, legal and gray channels combined

  任天堂の広報担当者は、テンセントを通じた中国での販売台数に関するコメントを控えた。任天堂の決算資料によると、日本を除くアジア太平洋地域での今年の販売台数は250万台余りとなっている。

  エース経済研究所の安田秀樹シニアアナリストは「任天堂のキャラクターは中国でもよく知られ、市場とも相性がよい。ソニーやマイクロソフトに比べると、任天堂は中国市場での覇権に一番近いところにいる」と述べた。

原題:
China Is Nintendo’s Secret Weapon in War With PlayStation, Xbox(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE