, コンテンツにスキップする

ポンペオ国務長官、米大学を批判-「中国政府に買収されている」

  • 資金提供の見返りに科学技術の窃取を見過ごしているとポンペオ氏
  • 共和党支持者を政治的にたきつけるための発言-米教育協議会幹部

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

ポンペオ米国務長官は9日、中国政府からの資金提供の見返りに、複数の米大学が中国による科学技術の窃取を見過ごしたり、中国への批判を抑えたりしていると非難した。

  ジョージア工科大学での講演でポンペオ長官は、中国共産党が米高等教育の「井戸に毒を混入している」と主張。「われわれの自由の果実を本気で享受したい」中国人学生は米国に必要だとしながらも、中国からの学生や学者を「厳格に」監視するよう求めた。

  ポンペオ氏はまた、米高等教育に対する中国の影響力の表れとして、一部の米大学構内に設置されている中国政府出資の「孔子学院」への批判も繰り返した。

  孔子学院は今年に入り、大使館や領事館と同様に「外交機関」として登録するよう米当局に命じられた。しかし同氏は、さらなる措置を大学側に要求。「学校管理者は孔子学院を閉鎖し、中国共産党が背後にいるいわゆる『学生』が実際に何をしているか調査する必要がある」と述べた。

  こうしたポンぺオ氏の発言に対し、米教育協議会(ACE)の幹部テリー・ハートル氏は「ばかげており、侮辱的だ」と一蹴。「これは共和党支持者を政治的にたきつけるためのものだと思う」と語った。

原題:
Pompeo Says U.S. Colleges Are ‘Bought by Beijing’ Funding (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE