, コンテンツにスキップする

米求人件数、10月は3カ月ぶり高水準の665万件-予想外に増加

米国の求人件数は10月、予想に反して増加した。需要や新型コロナウイルス感染を巡る状況の変化で、雇用主は人員数を調整している。

キーポイント

  • 10月の米求人件数は665万件に増加
    • ブルームバーグ調査のエコノミスト予想中央値は630万件への減少
    • 前月は649万件(速報値644万件)に上方修正
  • 自発的離職者は約309万人
  • レイオフおよび解雇された人は168万人に増加-前月144万人
U.S. job openings hold up as education and health demand improves

  10月の求人件数は製造業で52万5000件と過去最多に増加。ヘルスケアも1年半ぶりの多さとなった。娯楽・ホスピタリティーと連邦政府では、より緩やかな伸びにとどまった。小売りとビジネスサービスでは減少した。

  雇用された労働者(再雇用を含む)は581万人と、前月(589万人)からほぼ変わらず。雇用率(全雇用者に対する月間雇用創出の比率)は4.1%(前月4.2%)に低下した。

  解雇者と自発的離職者の合計であるセパレーションは、511万人(前月484万人)に増加。レイオフおよび解雇の比率は1.2%と、前月(1%)から上昇。同比率の上昇は3月以来7カ月ぶり。

原題:Job Openings in U.S. Unexpectedly Rose to a Three-Month High(抜粋)

(統計の詳細を追加し、更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE