, コンテンツにスキップする

テスラ株は「甚だしく過大評価」-JPモルガンのブリンクマン氏

テスラの株式は「甚だしく」過大評価されており、S&P500種株価指数の採用に先駆けて買い増そうと考えている投資家は思いとどまるべきだと、JPモルガンのアナリスト、ライアン・ブリンクマン氏が9日付のリポートで記した。

  ブリンクマン氏は、テスラ株が過去2年間で800%余り上昇したと指摘。アナリストらは目標株価を約450%引き上げる一方で、2020年から24年までの利益予想を引き下げている。そうしたデータからは、「ファンダメンタルズとはかけ離れた何か(投機熱だろうか)が株価を押し上げていることが強く示唆される」と分析した。

  ブリンクマン氏はテスラの目標株価を90ドルと、従来の80ドルから引き上げた。同社が8日に発表した「アット・ザ・マーケット」オファリングプログラムを通じた最大50億ドル(約5200億円)の資金調達計画が理由だとしている。ブルームバーグのデータによれば、ブリンクマン氏の推奨に従った場合の過去1年間のリターンはマイナス867%。

  アナリストらによるテスラの目標株価は、平均で約364ドルとなっている。

原題:Tesla Shares Are ‘Dramatically Overvalued,’ JPMorgan Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE