, コンテンツにスキップする

米最高裁、ペンシルベニア州郵便投票巡る共和党議員の訴え退ける

  • 最高裁判断にはバレット判事も参加-異論も説明も付されず
  • 大統領選でトランプ氏側の主張を巡り最高裁が判断したのは初めて

米連邦最高裁は8日、大統領選の結果に異議を唱えるトランプ大統領に大きな打撃を与える判断を下した。共和党の一部議員が民主党バイデン氏が勝利したペンシルベニア州での郵便投票は無効だと訴えていたが、最高裁はこの申し立てを退けた。

  最高裁の判断にはトランプ大統領が指名し10月に上院で承認されたエイミー・コニー・バレット判事も加わったが、訴えを退ける判断には異論も説明も付されなかった。

  バイデン氏の勝利を覆そうと図るトランプ大統領側の主張を巡り、最高裁判事9人が判断を下したのは初めて。ペンシルベニア州選出のマイク・ケリー下院議員らは、同州議会が郵便投票を認めたのは権限の逸脱だと主張していた。

原題:Supreme Court Rejects Bid to Nullify Biden Pennsylvania Win (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE