, コンテンツにスキップする

ゲームストップ株、時間外で急落-8-10月売上高が予想下回る

  • 最大1億ドルの増資を計画、商品ラインアップ拡大などに充てる予定
  • 8-10月売上高は前年同期比30%減の10億ドル、市場予想10.9億ドル

ビデオゲーム小売りチェーン、米ゲームストップの株価が8日の米株式市場時間外取引で下落、一時17%安の水準まで売り進まれた。8-10月(第3四半期)の売上高が予想を下回ったほか、最大1億ドル(約104億円)の増資計画発表が響いた。

  同日の発表資料によれば、8-10月期の売上高は前年同期比30%減の10億ドル。アナリスト予想は10億9000万ドルだった。一部項目を除いた1株当たり損益は53セントの赤字。ただ、コスト削減の取り組みが奏功し、赤字幅は市場予想平均の85セントより小幅にとどまった。

  同社は具体的なガイダンスは示していないが、11月-2021年1月(第4四半期)の売上高は前年同期比で増加し、損益は黒字になると予想している。11月の既存店売上高は16.5%増だった。

  増資の引き受け幹事はジェフリーズ・ファイナンシャル・グループが務める。ゲームストップの目論見書によれば、集めた資金は新商品のラインアップ拡大と電子商取引市場でのプレゼンス構築に向けた取り組みに充てるという。

  ゲームストップ株は年初来では170%余り上げている。

原題:GameStop Plunges After Announcing Sluggish Sales, Stock Sale (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE