, コンテンツにスキップする

バイデン氏、コロナワクチン1億回分提供を公約-就任後100日間で

  • 次期厚生長官のベセラ氏ら保健チームのメンバーを紹介
  • 「100日間で方向を変えられると確信」-バイデン次期大統領

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

バイデン次期米大統領は8日、自身の政権の保健チームを構成するメンバーを紹介した。新型コロナウイルス感染再拡大による「暗い冬」を国民に警告しながらも、政権交代を機にパンデミック(世界的大流行)の方向を変えさせると公約。就任後100日間で学校再開やマスク着用の義務付け、1億回分のワクチン提供を行う考えを示した。

  バイデン氏はデラウェア州ウィルミントンで、「私が言えることは真実だけだ。非常に暗い冬にある」と語り、「この混乱に急速に入り込んだわけではなく、すぐに抜け出すことはできず時間はかかるが、100日間で方向を変えられると完全に確信している」とした。

US-POLITICS-BIDEN

バイデン次期米大統領(デラウェア州ウィルミントン、12月8日)

  バイデン氏は新政権発足後100日間でコロナワクチンを1億回分提供すると公約。全国民に100日間のマスク着用を求め、連邦政府の所有地内や州をまたぐ移動の際の着用を義務付ける計画をあらためて示した。

  これと同じ時間にトランプ大統領はホワイトハウスで「ワクチンサミット」を開催。必要なワクチン量確保のために必要なら行政権を行使する考えを示した。このイベントでは、年内のワクチン開発は可能だとトランプ大統領が表明したことをバイデン氏と米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)のアンソニー・ファウチ所長が批判している動画が流された。

  バイデン氏はこの日、次期厚生長官に指名したカリフォルニア州司法長官のハビエル・ベセラ氏を紹介した際、名前を誤って発音し、謝罪して訂正する場面があった。

  次期大統領はさらに、医務総監にビベック・マーシー氏、疾病対策センター(CDC)所長にマサチューセッツ総合病院の感染症責任者、ロシェル・ワレンスキー氏、「COVID19エクイティー・タスクフォース」のトップにマルセラ・ヌニェス・スミス氏を指名。バイデン氏によると、ヌニェス・スミス氏はコロナで最も大きく打撃を受けた低所得層やマイノリティーが公平に治療を受けられるよう取り組むことになる。

  ファウチ氏は8日のビデオ形式の会議で、次期大統領の計画は「野心的だが実行可能だ」と述べた。同氏は引き続きNIAID所長を務めつつ大統領首席医療顧問としてバイデン氏にコロナ対策で助言する。

原題:Biden Introduces Health Team Led by Becerra, Covid Coordinators;

Biden Vows 100 Million Doses of Vaccine In His First 100 Days(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE