, コンテンツにスキップする

ファイザーの新型コロナワクチン、95%の予防効果-FDA報告書

  • 治験データからは安全面での深刻な問題は一切なかった
  • 英国では8日からファイザー製ワクチンの市民への投与開始

ファイザーと独ビオンテックが開発した新型コロナウイルスのワクチンは感染予防において有効性が高く、緊急使用許可(EUA)の承認を妨げるような安全上の懸念はない。米食品医薬品局(FDA)のスタッフが報告書に見解をまとめた。

  10日に開かれるFDAの諮問委員会の会合前に提出された今回の報告書は、ファイザーとビオンテックのワクチンに対して米監督当局が示した最初の見解となる。FDAは会合後速やかに使用許可へと動く可能性がある。

  FDAのウェブサイトに8日掲載された報告書によると、同ワクチンは新型コロナの予防に95%の効果があった。これはファイザーとビオンテックが以前公表した臨床試験データの分析内容と一致する。FDAはまた、2カ月間の治験データからは安全面での深刻な問題は一切なかったと報告した。

  ファイザーは11月20日にFDAにワクチンのEUAを申請。英国は今月すでに同ワクチンを承認しており、英国家医療制度(NHS)が8日に市民への投与を開始した。

  ファイザーは同ワクチンは全ての年齢層と人種に対して有効だと説明、副作用には頭痛やめまいなどがあるとしている。

原題:Pfizer Shot Effective, Safe, FDA Staff Concludes Before Meeting(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE