, コンテンツにスキップする

南アGDP、第3四半期に大幅増-1992年以来最長のリセッション脱却

南アフリカ共和国は、過去28年で最長となったリセッション(景気後退)から脱却した。新型コロナウイルス感染拡大を防ぐための制限措置の大半が緩和された7ー9月(第3四半期)は、実質国内総生産(GDP)が市場予想を上回る伸びとなった。

  南アフリカ統計局の8日の発表によれば、7ー9月実質GDPは前期比年率66.1%増と、少なくとも1990年以来で最大の伸びを記録、5四半期ぶりにプラスとなった。4ー6月期は同51.7%減に改定された。ブルームバーグがまとめた7ー9月のエコノミスト予想は54.4%増だった。

南アフリカ7-9月期の実質国内総生産(GDP):統計概要(表)

原題:South Africa Exits Longest Recession Since 1992 With GDP Bounce(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE