, コンテンツにスキップする

中国消費者物価、11月は09年以来の下落も-人民銀対応は期待薄

  • 予想中央値では前年同月比横ばい-少なくとも5人がマイナス予想
  • 下落しても一時的、中銀対応考えにくい-スタンダードチャータード

中国国家統計局が9日に発表する11月の消費者物価は前年同月比でマイナスとなる可能性がある。実際に低下すれば2009年以来となるが、消費者物価の下落は一時的にとどまり、金融政策への影響は限定的となる公算が大きい。

  中国の消費者物価指数(CPI)は世界金融危機の余波が国内経済に及んでいた09年以降、マイナスになったことはない。エコノミスト予想中央値によれば、11月のCPI上昇率は前年同月比横ばいが見込まれているが、少なくとも5人が下落を予想している。

  今回の消費者物価の減速は豚肉価格の動向によるところが大きい。昨年はアフリカ豚熱(ASF)の発生によって食肉で最も人気がある豚肉の生産が減り、大幅に値上がりしたが、この数カ月は価格が徐々に落ち着き、10月には19年以来の値下がりに転じていた。

中国の消費者物価上昇率、10月は1%割れ-豚肉値下がりに転じる

Pork prices have driven Chinese consumer inflation

  スタンダードチャータードの丁爽エコノミストは、来年3月より前に浅めのCPI下落が何回か見込まれるが、中国人民銀行(中央銀行)の対応は限定的になると分析する。

  丁氏は「19年終盤や20年初めに豚肉値上がりでCPIが加速しても人民銀が金融引き締めを見送ったように、豚肉などの単一商品の動向で生じる一時的なCPI下落に人民銀が対応に乗り出すとは考えにくい」と話す。

  変動の大きい食品とエネルギーを除いたコアCPIを今後注視すべきだと同氏は指摘。現在は約0.5%上昇にとどまるコアCPIが来年末に向けてコロナ前水準の約1.5%上昇に戻るとみている。

原題:
China Is Close to First Consumer Price Deflation Since 2009(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE