, コンテンツにスキップする

JDヘルスが香港上場、IPO価格を34%上回る-オンライン需要期待

  • JDヘルス株は取引開始後一時46%を超える上昇
  • オンライン医療サービス需要はコロナ後も拡大するとの期待

中国の電子商取引大手JDドットコム(京東)のヘルスケア部門、JDヘルス・インターナショナル(京東健康)が8日、香港に上場した。中国規制当局の監督が強まる中でもオンライン医療サービス需要は新型コロナウイルス抑制後も拡大するとの期待が強く、大きく値を上げている。

  JDヘルス株はプレマーケット取引で94.50香港ドルと新規株式公開(IPO)価格を34%上回った。IPO価格は仮条件の上限で決まっていた。取引開始後は一時46%を超える値上がりとなった。

JDヘルスの香港IPO、3630億円規模-ヘルスケア企業でアジア最大

  今回のIPOは35億米ドル(約3640億円)規模と、今年の香港では6月に重複上場した親会社のJDドットコムに次ぐ大きさとなる。

原題:JD Health Jumps 34% in Hong Kong Debut Amid Healthcare Demand(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE