, コンテンツにスキップする

金融業界のフロリダ移転急増か、ゴールドマンがブームの火付け役に

  • パンデミックをきっかけにウォール街脱出を検討する企業が増加
  • ゴールドマンなどが拠点移せば他社の追随が雪だるま式に増える公算

ゴールドマン・サックス・グループエリオット・マネジメントの最近の動きにより、フロリダ州のマイアミからウェストパームビーチに至る地域を金融・投資の南部のハブに変身させるという数十年来の構想が再燃しており、同地域の発展の行方に大きな影響を与えそうだ。

  米富裕層の別荘地として長年栄えているこの地域は、企業の誘致には苦戦してきた。

  現在、ゴールドマンは同州に資産運用部門の拠点新設を検討しており、資産家ポール・シンガー氏率いるヘッジファンドのエリオット・マネジメントはウェストパームビーチへの本社移転を計画中だと、いずれも事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

ゴールドマン、フロリダ州に資産運用部門の拠点を検討-NYに打撃か

ヘッジファンドのエリオット、NYからフロリダに本社移転へ-関係者

Sunshine State Offers Ray Of Hope For U.S. House Hunters Squeezed By Low Supply

マイアミの金融街(2016年)

撮影:スコット・マッキンタイア/ブルームバーグ

  多くの企業は快適な気候と州所得税免除が約束されても、金融業界の中心であるウォール街を離れてフロリダ州に移ることをためらっていたが、業界大手の先駆的な動きをきっかけに追随する企業が雪だるま式に増える可能性がある。

  マイアミのフランシス・スアレス市長は7日のインタビューで、「映画 『フィールド・オブ・ドリームス』の『それを作れば、彼(ら)はやってくる』というセリフが思い出される」と語った。

  新型コロナウイルス感染回避に向けた在宅勤務を1年にわたり続けてきたことで、多くの金融・投資会社は収入を犠牲にすることなく、超高額なマンハッタンのオフィススペースを削減できるとの結論に至った。それと同時に多くの幹部やトップクラスの運用担当者がニューヨークを脱出し、南フロリダの広々とした家でワクチンを待つようになった。その中には北東部にはもう戻らないと決めた人もいる。

  一部の関係者によると、ゴールドマンはフォートローダーデールとウェストパームビーチを含むマイアミ北部地域でオフィススペースを探している。ただ、同行がフロリダに移転しないことを決定する可能性もあるという。

  事情に詳しい関係者の話では、資産家カール・アイカーン氏は最近、自分の資産運用会社をフロリダに移転することを決め、ケン・グリフィン氏率いるシタデルは来年マイアミに事務所を開設する予定だ。

  パームビーチ郡の官民開発機関の責任者、ケリー・スモールリッジ氏によれば、金融サービス企業8-10社が同郡への移転を真剣に検討しており、2社は少なくとも5万平方フィート(約4650平方メートル)のオフィススペースを視野に入れている。

  企業のオフィスニーズが5000平方フィートを超えることがなかった8年前と比べ大きな変化だと語る同氏は「マンハッタン脱出を漠然と考えたことのある多くの企業幹部に、新型コロナはもう一つの理由を与えた」と指摘した。

原題:
Goldman Sparks Florida’s Effort to Become Wall Street South(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE