, コンテンツにスキップする

マスク氏、財団をテキサス州に移転-加州から転居の臆測高まる

  • テスラはオースティンに電気自動車の組立工場を建設中
  • マスク財団は「安全な人工知能」の研究開発支援などを理念に

米国の資産家イーロン・マスク氏は自身の財団をテキサス州の州都オースティンに移転した。マスク氏がテキサス州に転居する可能性を示唆する事柄の一つだ。

  カリフォルニア州に本拠を置いていたマスク財団は、夏の間にオースティンに事業体を設立。それら2つが合併したことが、マスク氏署名入りのテキサス州務長官への10月の届け出で分かった。存続する事業体はオースティンの中心街にある。

  マスク氏が率いるスペース・エクスプロレーション・テクノロジーズ(スペースX)は既にテキサス州に2カ所の施設を所有しており、マスク氏の電気自動車メーカー、テスラはオースティンに組立工場を建設中。CNBCの先週の報道によれば、マスク氏はオースティンに転居すると友人に語ったという。

Billionaire Elon Musk Receives Axel Springer Award

ベルリンでアクセルシュプリンガー賞授賞式に臨んだイーロン・マスク。

写真家:Liesa Johannssen-Koppitz / Bloomberg

  マスク財団のウェブサイトには必要最小限の情報しか記載がない。2001年に設立され、再生可能エネルギーや有人宇宙探査、小児科研究、科学・工学教育、「人類に利益をもたらす安全な人工知能」の研究開発の支援を理念に掲げる。昨年の納税申告書によると、2018年6月末時点の財団の資産は約3億2900万ドル(約342億円)。マスク氏と財団理事の1人に7日に電子メールで問い合わせたが返答はなかった。

原題:
Musk Moves Foundation to Texas, Fans Relocation Speculation (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE