コンテンツにスキップする

バンガードの成長に陰り、価格競争が打撃か-純流入額7年ぶり低水準

  • 1-10月の米国純資金流入額は前年同期比19%減、競合との競争激化
  • 世界的な拡大計画の一部を撤回、強みのリテールに再注力

米資産運用会社バンガード・グループは、資産運用の世界でグローバルな価格競争を引き起こした。今、その競争の痛みが押し寄せている。

  バンガードは投資家が支払うコストを削減することで自社も繁栄できるという、かつては業界の非主流だった創業者ジャック・ボーグル氏の構想を基に成長し、運用資産は6兆3000億ドル(約655兆円)に達した。だが、小口の個人投資家や大口の機関投資家の信頼を得るに至ったその方針が、混乱に満ちた1年で限界を見せつつある。

  競合他社による類似商品の投入が続き、いわゆる「ロボアドバイザー」や取引手数料ほぼゼロのサービスが人気を集める中で、バンガードのファンドに対する純資金流入は今年に入り鈍化した。成長の大半は上場投資信託(ETF)がもたらしたが、その利幅は長期にわたり成功をけん引したインデックスファンドよりも薄い。

  バンガードはこの数カ月で、世界的に事業を拡大する計画のうち最も大胆な一部を突然撤回した。複数の事業ラインや海外オフィスを閉鎖し、上級幹部の一部は退社した。同社は最も強みを持つ分野である個人投資家向けのサービスに再び照準を合わせつつある。

  エドワード・ジョーンズのアナリスト、カイル・サンダース氏は、「バンガードの原点はリテールだ。機関投資家向けのサービスモデルは必ずしも同社の強みではない」と指摘。「成功したと言える水準には一度も達したことはなかった」と述べた。

  リテール投資家向けのサービス競争はかつてないほど激しさを増している。バンガードが運用するファンドには、年初から10月末までに米国で約1591億ドルが流入したが、前年同期の約1970億ドルに比べ19%減少した。この純流入額は1-10月としては2013年以降で最低だった。

Flows Slow

Vanguard's U.S. total net flows through October are at a lower level this year

Source: Vanguard data

Data reflects Vanguard's U.S. total net flows through Oct. 31 each year

原題:
Vanguard Makes Rare Retreat as Price War It Started Takes a Toll(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE