, コンテンツにスキップする

トランプ大統領、8日に「ワクチンサミット」開催計画-信頼向上図り

  • トランプ氏は米国民への配布を優先するよう命じる大統領令に署名へ
  • EUA取得に近づいているファイザーとモデルナは不参加の方針

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

トランプ米大統領は、新型コロナウイルスワクチンへの国民の信頼向上を目指し、8日にホワイトハウスで「ワクチンサミット」を開催する計画だ。政権高官が明らかにした。

  それによると、大統領は3時間に及ぶ同サミットの冒頭にスピーチを行い、その後、ワクチン開発の経緯や、今後の規制や配布、投与の方法を巡る討議が行われる。

  トランプ大統領は米厚生省に対し、コロナワクチンを必要としている諸外国よりも米国民への配布を優先するよう命じる大統領令に署名する計画。

  開発したワクチン候補が米食品医薬品局(FDA)の緊急使用許可(EUA)取得に最も近づいているファイザーとモデルナは同サミットに参加しない方針だ。

  ファイザーは発表資料で、不参加をホワイトハウスに伝えたと説明。事情に詳しい関係者によると、モデルナの経営首脳も参加しない方針。

原題:Trump Aims to Boost Vaccine Confidence at White House Summit (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE