, コンテンツにスキップする

世界経済フォーラム、2021年年次総会はシンガポールで開催へ

  • 年次総会は5月13-16日にシンガポールで開催
  • シンガポール、新型コロナ感染者数が少ないため開催地に選定

世界経済フォーラム(WEF)は 2021年の年次総会をシンガポールで主催する。例年の開催地であるスイスは、新型コロナウイルス感染急増への対応に追われている。

  WEFの発表によると、来年の年次総会は5月13-16日にシンガポールで開かれ、翌22年にはスイスのダボス・クロスタースに戻る。

  シンガポールは新型コロナの感染者数が低水準にあることから、開催地に選ばれた。同国では10月にシンガポール国際エネルギー週間も開かれた。WEFは今年10月の時点で、来年の会議をスイス中部のルツェルン・ビュルゲンシュトックで開くとし、国内での開催地変更を明らかにしていた。

  スイスでは過去2週間に約5万4000人が新たに新型コロナに感染。これはシンガポールで流行が始まって以降に報告された累計感染者数にほぼ等しい。

  WEF創設者で執行会長を務めるクラウス・シュワブ氏は、「2021年特別年次総会は企業や政府、市民社会の指導者らが、新型コロナのパンデミック(世界的大流行)が始まって以降初めて対面で会合する場所になる」と述べた。

関連記事

原題:World Economic Forum to Hold 2021 Gathering in Singapore (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE