, コンテンツにスキップする

バイデン氏、厚生長官にベセラ加州司法長官を指名-コロナ対応を主導

  • 医務総監にビベック・マーシー氏を再起用、コロナ対策運営も担う
  • ファウチ氏はNIAID所長続投、大統領首席医療顧問を兼任へ

バイデン次期米大統領は7日、次期厚生長官にカリフォルニア州司法長官のハビアー・ベセラ氏を指名した。次期政権の新型コロナウイルス対策チームのかじ取りだけでなく、バイデン氏が医療政策の柱に位置付ける医療保険制度改革(オバマケア)の拡充を託す。

House Speaker Pelosi And Senator Schumer Hold News Conference On DACA Case

ハビアー・ベセラ氏

  医務総監にはビベック・マーシー氏の再起用が発表された。マーシー氏はオバマ前政権でも同職を務めたが、今回は政府の新型コロナ対策の運営も担うことになる。

  マーシー氏はコロナ対策の調整責任者として指名されたジェフ・ザイエンツ氏と協力していく。

  疾病対策センター(CDC)の次期所長にはマサチューセッツ総合病院の感染症責任者、ロシェル・ワレンスキー氏を指名した。

  米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)のアンソニー・ファウチ所長は、引き続きNIAID所長を務めつつ大統領首席医療顧問としてバイデン氏に助言する職務も担う。

原題:Biden Taps Becerra, Murthy to Lead Pandemic Response Health Team(抜粋)

  

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE