, コンテンツにスキップする

追加経済対策の事業規模73.6兆円、財政支出40兆円-最終草案

更新日時
  • 国費は30.6兆円、2020年度一般会計の第3次補正で19.2兆円を計上
  • コロナ拡大防止に6兆円、経済構造転換に51.7兆円-事業規模

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う政府の追加経済対策が7日明らかになった。ブルームバーグが入手した最終草案によると、事業規模が73.6兆円程度で、財政支出は40兆円程度。8日に与党と調整した上で決定する。

  財政支出に占める国費は30.6兆円。このうち2020年度第3次補正予算は20.1兆円で、一般会計19.2兆円、特別会計1兆円となっている。財政投融資は7.7兆円で、3次補正における追加額は1.4兆円。

対策の柱財政支出事業規模
新型コロナ感染症の拡大防止策5.9兆円程度6.0兆円程度
ポストコロナに向けた経済構造の転換・好循環の実現18.4兆円程度51.7兆円程度
防災・減災・国土強靭(きょうじん)化の推進など安全・安心の確保5.6兆円程度5.9兆円程度
新型コロナ対策予備費の適時適切な執行

2020年度=5.0兆円程度

21年度=5兆円

2020年度=5.0兆円程度

21年度=5兆円

(対策の内訳を追加し、更新しました)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE