, コンテンツにスキップする
Photographer: Geert Vanden Wijngaert/Bloomberg
cojp

バルニエ氏、週内に合意の可能性とEU加盟国に示唆-英EU通商交渉

更新日時
  • バルニエ氏、漁業権の問題で妥協できれば合意が可能に
  • 英首相と欧州委員長が13日に電話会談、協議継続で合意
A Pro Europa supporter holds European Union (EU) and a British Union flags during a gathering by the cross party Pro-EU anti-Brexit group in Brussels, Belgium, on Thursday, Jan. 30, 2020. The European Parliament approved Prime Minister Boris Johnson’s Brexit deal, clearing the way for the U.K. to leave the EU on Jan. 31 with an agreement that, for the time being, will avoid a chaotic rupture.
Photographer: Geert Vanden Wijngaert/Bloomberg

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

欧州連合(EU)の行政執行機関、欧州委員会のフォンデアライエン委員長とジョンソン英首相は、ブリュッセル時間13日正午(日本時間同午後8時)ごろ電話会談を行い、EUと離脱後の英国との自由貿易協定(FTA)締結交渉の継続で合意した。

英EU通商交渉、協議継続で浮上した合意へのシナリオ

バルニエ氏、週内にも合意の可能性

  EUのバルニエ首席交渉官は14日、EU加盟国の大使との非公開の会合で、英国との通商合意に週内にも達する可能性があると述べた。

  会合について知る外交当局者2人によると、バルニエ氏は漁業権の問題で妥協できれば合意が可能になると語った。

  ポンドは一時1.6%高となった。

バルニエ氏:今後数日が重要、合意を来月1日に発効させるなら

  EUのバルニエ首席交渉官は14日、英国とEUの通商協定が来年1月1日より前に成立するためには今後数日が重要だとツイートした。

  「公平な競争環境とEUの漁民にとって持続可能な解決策が合意への鍵になる」と指摘。別のツイートでは、「交渉に成功のためのあらゆるチャンスを与えることがわれわれの責務だ」ともコメントした。

バルニエ氏とフロスト氏が14日中に会談へ

  EUのバルニエ首席交渉官と英国の交渉責任者のデービッド・フロスト氏は14日午前中に会談する。予定について説明を受けた当局者が明らかにした。

ポンド上昇、一時1.3408ドル-合意への狭い道あるとバルニエ氏

  合意への狭い道が残されているとのEUのバルニエ首席交渉官の発言を受けてロンドン時間14日朝のポンドは上昇。一時1.4%高の1.3408ドルを付けた。

合意へ狭い道、困難で大きな問題残るとバルニエ氏

  EUのバルニエ首席交渉官は14日、EU加盟国の大使らに、合意への狭い道が残されているとした上で、困難を伴う見込みで大きな問題がまだ残っていると伝えた。

  14日朝の会合に参加した外交筋によると、ここ数日の交渉で合意順守の仕組み作りについて限定的な前進があったものの、政府補助を巡る対立は残っているという。また、漁業に関して英国は姿勢を後戻りさせているとバルニエ氏は述べたという。

英EU通商交渉、今後も継続で合意

  両首脳は電話会談後の共同声明で、「ほぼ1年にわたる交渉で双方とも力を尽くしてきたが、いっそうの努力を重ねる」と表明した。英国とEUの当局者は過去1週間交渉を続けてきたブリュッセルにとどまり、数日以内の合意成立を目指す。週半ばまでの合意成立もあり得なくはないと、双方の複数の関係者は述べた。

英EU通商交渉、今後も継続で合意-ジョンソン氏と欧州委員長 (2)

ジョンソン英首相、合意なしの「可能性が非常に高い」

  ジョンソン英首相とフォンデアライエン欧州委員長はそれぞれ、離脱後の英国と欧州連合(EU)の自由貿易協定(FTA)ができないままに移行期間が終了する12月31日が近づいていると警告した。双方は13日までに合意に達することを目指し、土壇場の交渉を行っている。

  ジョンソン英首相は11日、英国が通商協定なしに離脱移行期間の終了を迎える可能性が「非常に、非常に高い」ように思われると述べた。

ジョンソン英首相、EU首脳と「彼らが望む時にいつでも」協議する用意

  ジョンソン英首相はEUとの通商合意を得るため最後のあらゆる可能性を試すことにコミットしており、担当者に交渉を続けるよう指示したと、首相官邸のジェプソン報道官が11日、記者団に述べた。

  「首相は他の首脳らと話すことを明確に望んでいる」と同報道官は語った。

メルケル独首相:合意望むがいかなる代価払っても、ではない

  メルケル独首相の副報道官は、首相が英離脱を巡り再びジョンソン英首相およびマクロン仏大統領と会談する意思はあるかとの問いに「さらなる会談予定について伝えることはできない」として、交渉の結果を13日まで待つと述べた。

  「首相は今も合意することが双方にとって最良の解決策だと考えている。EUは合意を望んでいる。しかし、いかなる代価を払ってもということではない」と語った。

マクロン仏大統領、なお合意を期待

  マクロン仏大統領は、「うわさや非難の応酬の中でも」なお合意を望んでいると述べた。

  EUの原則は結束だと、あらためて強調した。

欧州委員長、英国との合意できる状況にあるか13日に判断

  フォンデアライエン欧州委員長は11日、EU首脳会議後の記者会見で、英国との通商交渉におけるEUの立場を説明した。

  最大の争点となっている「公平な競争環境」について、英国の要求の中心である同国の「主権」は保たれると強調した。ジョンソン英政権が拒否したEU案では、「英国はどうしたいかを決定する自由、つまり主権を保持する。EUは英国の決定に沿ってEU市場へのアクセスの条件を調整する。その逆も同様だ」と語った。

  「英国と合意できる状況にあるか13日に判断する」と述べ、同日に合意の有無が完全に明確にはならない可能性も示唆した。

英中銀、市場ボラティリティーや金融サービスの混乱の可能性排除できない

  イングランド銀行(英中央銀行)は、離脱後の通商協定がないままに移行期間が終了した場合、市場のボラティリティー上昇や金融サービスの混乱の可能性を排除することはできないとの認識を示した。ただ、英国の銀行はそのような結果を乗り切るだけの強さがあると付け加えた。

  ベイリー総裁は11日、最新の銀行システム健全性審査結果の発表後、いかなる形の離脱にも対応できるよう膨大な量の準備作業をしてきたと説明した。EU側は全ての点で同様の準備をしたとは言えないと指摘した。

英主要銀、EU離脱やコロナ禍を乗り切る十分な体力保持-英中銀審査

ポンドが約4週ぶり安値、通商交渉の結果を懸念

  ポンドはロンドン時間11日午前、ドル対して下落し約4週ぶり安値を付けた。週間ベースで9月以来最大の下落に向かっている。EUとの通商交渉に関するネガティブなニュースが響いた。

  ポンドは一時0.8%安の1.3185ドルと11月16日以来の安値を付けた。前週末比では1.7%安。

  短期金融市場は10ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)の利下げの時期予想を来年6月と、前日の8月から前倒しした。ベイリー英中銀総裁は、離脱に絡み混乱する場合には、さまざまな対応手段があると発言した。

欧州委員長、合意なしが今や最も可能性の高いシナリオとEU首脳らに伝える

  フォンデアライエン欧州委員長はサミットで首脳らに、今や合意なしが最も可能性の高いシナリオとなったと伝えた。欧州当局者2人が11日明らかにした。合意への主要な障害は残っていると述べたという。

EU Leaders Summit Pushes Brexit Off Agenda

フォンデアライエン欧州委員長(12月11日、ブリュッセル)

ジョンソン英首相:通商合意なしのEU離脱に備えよ

  ジョンソン首相はEUとの交渉不調を背景に、英国はEU単一市場から通商合意なく離脱する準備を整えるべきだと言明した。

  首相は10日、記者団とのテレビインタビューで「EUとの関係は(通商合意のある)カナダ型よりも(通商合意のない)オーストラリア型にはるかに近い形で決着する可能性がいまや高い」と発言。「協議はやめず、交渉は継続する。しかし現在の状況から見て、オーストラリア型の選択肢に全員が備えるということが重要だろう」との見解を述べた。

通商交渉は10日午後に再開する予定-英首相報道官

  英国側の交渉責任者デービッド・フロスト氏は10日午後にブリュッセルでEUのバルニエ首席交渉官と協議する。デービース英首相報道官が明らかにした。

英スーパー大手、通商合意なければ食品値上がりすると警告

  スーパーマーケットチェーンで英最大手テスコのジョン・アラン会長は、英国とEUが通商協定について合意できなければ1月に食品が値上がりする恐れがあると警告した。

  食品価格のインフレが加速し、平均で3-5%値上がりする可能性があるが、関税率は個別の商品ごとに異なりフランス製チーズの場合は最大40%となり得るという。

英首相と欧州委員長の夕食会、合意なしの可能性を一段と高めた-当局者

  EUと英国の通商交渉は、土壇場での劇的な介入がない限り合意に達せずに終わるだろうと、協議について知る複数の関係者が述べた。

  9日夜のジョンソン英首相とフォンデアライエン欧州委員長の会食後に双方の当局者らは、主張の隔たりを埋めることは不可能であり、年末に合意がないままに移行期間が終了するというのが今や可能性の高いシナリオだと懸念を示した。

  それでも、交渉担当者らは13日の期限までに打開策を見つけるべく協議を続ける。

欧州委員長、1月1日に通商協定ない事態に備えよ-英EU交渉

  フォンデアライエン委員長は10日、合意に達したとしても協定が来年1月1日までに発効するという保証はないとツイッターで指摘した。

  「交渉はまだ継続中だが、移行期間の終了は迫っている」とツイートした。

EU、通商合意なしの移行期間終了に備え緊急措置を提案

  欧州委員会は、英国の離脱移行期間終了までに通商協定で合意できない場合に備えた緊急措置として、今年12月31日以降の空路と陸路の基本的な往来と、双方の水域で漁業の相互アクセスを認めることを提案した。

英EUの通商交渉、13日までに結論-ジョンソン氏と欧州委員長が一致

  ジョンソン英首相と欧州委員会のフォンデアライエン委員長は、FTA締結交渉を13日まで継続することで合意した。英、EU双方の当局者が明らかにした。

  交渉の先行きに関し、13日までに確固とした判断が必要だと当局者は語った。10日のアジア時間帯早朝の取引で、ポンド相場は下落した。

  英国の離脱移行期間が年末で終了する前の妥結を目指し、膠着(こうちゃく)打開のため首脳2人が夕食を共にする対面協議がブリュッセルで9日に行われた。英当局者によれば、ジョンソン首相とフォンデアライエン委員長は率直な意見交換を通じて、英・EU間にはなお非常に大きな隔たりが残っていることを確認した。

英EUの通商交渉、13日までに結論-ジョンソン氏と欧州委員長が一致

EUの姿勢はいかなる国も受け入れることはできない-英首相

  ジョンソン英首相は欧州委員長との会談のためブリュッセルに向かう前に下院で演説し、「良い合意はまだ可能だ」としながらも、「EUは現在、彼らが将来に新しい規則を定めた時にわれわれがそれに従ったり追随したりしなければ自動的にわれわれを罰したり報復したりできる権利を求めている」が、そのような姿勢はいかなる国も受け入れることはできないと論じた。

北アイルランドと英本土の物資往来に関税免除で合意-RTE

  EUと英国は、英本土と英領北アイルランドの間を往来する物資の98%について来年1月1日から関税を免除するプログラムで合意したと、アイルランド公共放送RTEがツイッターで報じた。

メルケル独首相、公平な競争環境が合意には必須

  ドイツのメルケル首相は9日、英国とEUの規則が時間と共に乖離(かいり)していくことにどう対処するかが通商合意での重要な点だとの考えを示した。

  「公平な競争環境は今日だけでなく、明日も、明後日も、確保されていなければならない。そのためには、一方が条件を変えた時に他方がどのような対応を取れるかについて合意しておくことが必要だ」と語った。

ホンダ:英国工場で9日操業停止、物流の問題で部品調達に遅れ

  ホンダは9日、英国の四輪工場での同日の操業を停止する。物流の問題で部品調達に遅れが生じているためとしている。

ホンダ:英国工場で9日の操業停止、物流の問題で部品調達に遅れ

英首相と欧州委員長の夕食会は英時間9日午後7時開始-BBC

  英首相と欧州委員長のブリュッセルでの会食は現地時間午後8時(英時間同7時)に開始されると、BBCが情報源を示さずにツイッターで報じた。

メルケル独首相、合意なしに準備

  ドイツは英国が通商協定なしにEU単一市場と関税同盟を離れる可能性に対し準備ができていると、メルケル独首相が述べた。首相はベルリンで議員らに、域内企業に対して不公平となるような将来の規則変更を許すことはできないと語った。

ゴーブ英内閣府担当相、EUが譲歩しなければ合意は困難

  ゴーブ英内閣府担当相(国務相)は9日、ジョンソン政権はEUとの通商合意を望んでいるが、「いかなる代価を払ってでも」ということではないとBBCテレビの番組で述べた。タイムズ・ラジオの番組では、EUから「何らかの動きがない限り」合意を確保するのは「非常に難しい」との認識を示していた。

合意について「どちらかと言えば悲観的」アイルランド首相

  アイルランドのマーティン首相は、合意の見通しについて「どちらかと言えば悲観的だ」と述べた。

バルニエ氏、英国との合意可能性「極めてわずか」と8日朝発言-スカイ

  EUのバルニエ首席交渉官は、8日朝の会合で英国と合意が成立するチャンスは「極めてわずか」だと述べた。英スカイニューズのアダム・パーソンズ氏が事情に詳しい関係者の情報を基にツイッターに投稿した。 

  投稿によれば、バルニエ氏は「合意なしに向けた緊急対策という、差し迫って必要な措置を策定すべき瞬間に近い」と述べた。

原題:Barnier: Fair Competition, Fisheries Solution Key to Brexit Deal、Negotiators Push for Deal After Weekend Progress: Brexit Update、Pound Rises Past $1.34 After Barnier Said to See Path to Deal、Negotiators Push for Deal After Weekend Progress: Brexit UpdateBrexit Deal Given Fresh Impetus by Leaders’ Diplomatic Push (2)(抜粋)

(14日のバルニエ氏のコメントを追加します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE