, コンテンツにスキップする

アップル、自社設計Macプロセッサーの新製品を来年投入か-関係者

  • インテルの最速プロセッサーを上回るパフォーマンスを目指す
  • 11月発売の「M1」搭載Macはローエンド機種に限られた

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

アップルは新たな「Mac(マック)」用プロセッサーを2021年にも投入する計画だ。インテルの最速プロセッサーを上回るパフォーマンスを目指している。

  アップルの半導体担当エンジニアらは、同社初の自社設計Mac用プロセッサー「M1」の後継となる幾つかのプロセッサーの開発に取り組んでおり、期待通りならインテル製を搭載した最新機種をパフォーマンスで大幅に上回る可能性があるという。計画の非公開を理由に複数の関係者が匿名を条件に明らかにした。

  M1は11月発売の新しい「MacBook Pro(マックブック・プロ)」「MacBook Air(マックブック・エア)」「Mac mini(マック・ミニ)」の一部に搭載された。

アップル、脱インテル開始-自社設計チップ搭載の新型「Mac」発表

  プロセッサーの次期シリーズは来年春と秋のリリースが計画されており、MacBook Proのアップグレード版やデスクトップ「iMac」のエントリーレベルおよび高性能機種、新たなMac Proワークステーションに搭載される予定という。

  アップルの広報担当者はコメントを控えた。

  来年投入される見込みの「iPad(アイパッド)プロ」新機種に搭載される新型プロセッサーのバリエーションであるM1は、好評とはいえ、11月発売の新機種でM1が搭載されたのは低価格帯に限られ、より高価格の機種は引き続きインテル製を使っている。

  アップルのエンジニアはより野心的なグラフィック処理プロセッサーの開発にも取り組んでいるという。

原題:Apple Preps Next Mac Chips With Aim to Outclass Highest-End PCs  (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE