, コンテンツにスキップする

アントやグラブ、シンガポールで銀行免許取得-テクノロジー企業初

  • シーと中国のグリーンランドもデジタル銀行のライセンス獲得
  • グラブの合弁相手シングテルの株価、7日の取引で上昇

中国のフィンテック企業アント・グループグラブ・ホールディングスの合弁会社など4社が、シンガポールでデジタル銀行を運営する免許を取得した。東南アジア金融の中心地で大手テクノロジー企業による金融サービス拡大への道が開かれた。

  シンガポール通貨庁(MAS、中央銀行)は4日、ほぼ1年にわたる審査を経てライセンス付与を発表。中国のグリーンランド・ファイナンシャル・ホールディングス・グループが関与するコンソーシアムとシンガポールのインターネット企業シーも免許を得た。

  グラブの合弁相手シンガポール・テレコム(シングテル)の株価は7日午前の取引で一時11%上昇。シーは4日のニューヨーク市場で急伸した。

  シンガポールは伝統的な金融機関が支配的な市場にイノベーション(技術革新)と競争を導入するため英国や香港に続き、デジタル企業が国内の銀行システムに参入できるよう門戸を開いた。資産運用の中心地として急成長しているシンガポールは東南アジアの玄関口でもあり、新規参入を狙う各社にとって銀行業免許は垂ぜんの的だった。東南アジアではデジタル金融市場は5年で4倍になる見通し。

デクタル銀行免許取得企業

企業デジタル銀行のカテゴリー
グラブ・シングテル合弁フルサービス
シーの事業体フルサービス
グリーンランド・ファイナンシャルのコンソーシアムホールセール
アントが所有する事業体ホールセール

  フルサービスのデジタル銀行は、預金業務のほか、個人顧客と法人顧客の両方に銀行サービスを提供することが許可される。ホールセールのデジタル銀行は、中小企業およびその他の非消費者分野のみが顧客対象。MASによると、2022年の早い時期から業務を開始する見通し。

原題:Ant, Grab Become First Tech Firms to Run Banks in Singapore (1) (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE