, コンテンツにスキップする

バー米司法長官、トランプ氏の任期満了待たずに辞任検討-NYT紙

  • バー氏は年内にも辞意を表明する可能性がある-NYTが関係者引用
  • 司法省報道官やホワイトハウスはNYTに対してコメントせず
バー米司法長官

バー米司法長官

Photographer: Chip Somodevilla
バー米司法長官
Photographer: Chip Somodevilla

バー米司法長官が、トランプ大統領の来年1月の任期満了を待たずに辞任を検討していると米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)が報じた。バー氏の考えに詳しい関係者3人からの情報を引用した。

  関係者の1人が同紙に語ったところでは、バー氏は年内にも辞意を表明する可能性がある。ただ同氏は最終決定に至っておらず、来年1月20日まで職にとどまることもあり得ると関係者は同紙に話した。同紙に対し、司法省の報道官はコメントを控えたほか、ホワイトハウスもコメントしなかった。

  NYT紙によれば、トランプ氏が大統領選の敗北を認めていないことや、司法省の調査の結果、大統領選で大規模な不正は見つかっていないとバー氏が先週述べ、トランプ氏がこれに腹を立てたことが、バー氏の判断に影響しているかどうか明らかでない。

  不正の証拠が見つからなかったとのバー氏の発言後、トランプ氏は、司法長官を引き続き信頼しているかどうか答えようとしなかった。

原題:Barr Considers Leaving DOJ Before Trump’s Term Ends: NYT(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE