, コンテンツにスキップする
Photographer: Dimas Ardian/Bloomberg
cojp

日本、インドネシア政府系ファンドに約4200億円投資へ-JBIC通じ

Residential buildings stand along Ciliwung River in aerial photograph taken in the Jatinegara district of Jakarta, Indonesia, on Saturday, Jan. 4, 2020. At least 53 people have died from the New Year's Day flooding in Indonesia, and hundreds of thousands were evacuated, as the greater Jakarta area suffered the most intense rain in 24 years.
Photographer: Dimas Ardian/Bloomberg

日本は国際協力銀行(JBIC)を通じ、インドネシアが計画している政府系ファンド(SWF)に40億ドル(約4200億円)を投資する。

  インドネシアのルフット調整相(海事・投資担当)はJBICの前田匡史総裁との会合後、投資規模は米国際開発金融公社(IDFC)のコミットメントの2倍だと明らかにした。

  この政府系ファンドはヌサンタラ・インベストメント・オーソリティーと名付けられ、2021年初めに運用を開始する予定で、225兆ルピア(約1兆6600億円)の投資呼び込みを目指している。ジョコ大統領は失業率の急上昇を抑え、リセッション(景気後退)から抜け出すことを狙い、政府系ファンドを通じて経済を支援する。

原題:
Japan to Invest $4 Billion in Indonesia’s Sovereign Wealth Fund(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE