, コンテンツにスキップする

米国債市場で勢いづく弱気派、入札や追加経済対策に期待

  • 米10年国債利回りは4日、1%の大台に迫る
  • 追加経済対策への期待感が強まる、財務省は1180億ドルの国債入札へ

米国債市場の弱気派は少なくとも当面は、勢いを味方につけたようだ。

  米10年国債利回りは4日に1%に接近した後、今週も上昇基調が続きそうだ。新型コロナウイルス感染が増加する中、雇用創出ペースは鈍く、追加経済対策への期待感が強まった。経済対策の策定に向けたさらなる進展に加え、計1180億ドル(約12兆円)規模の米国債入札も控え、米10年債利回りは3月後半以来の高水準に達する可能性もある。

  ワシントンの公務員年金資産を管理するディストリクト・オブ・コロンビア・リタイアメント・ボード(DCRB)のマーク・スピンデル最高投資責任者(CIO)は、「債券市場は経済対策に非常に注目している」と述べ、追加対策への期待と国債供給が利回りに上昇圧力をかけているとの見方を示した。

Supply and hope for fiscal stimlus may be catalysts for a 1% break

  ペロシ下院議長は4日、新たな景気対策案で歩み寄りの機運があると述べた。ペロシ議長と共和党のマコネル上院院内総務は景気対策案を両党が別に取り組む包括的歳出法案に統合させることを議論している。

  それに加え、市場は米財務省による大規模な国債入札を消化しきれず利回り上昇に見舞われるかもしれない。8日に3年債560億ドル、9日に10年債380億ドル、10日に30年債240億ドルの入札が続く。

  ここ数日は物価上昇への期待が再燃しており、10日発表予定の11月の消費者物価指数(CPI)は市場の注目を集めそうだ。

原題:
Vindicated Bond Bears Pin Hopes on Treasury Auctions, Stimulus(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE