, コンテンツにスキップする

トランプ大統領、大半のソマリア駐留米軍撤退を命令-21年初めまでに

  • 約700人規模のソマリア駐留米軍はテロ対策が主な任務
  • 撤退はテロとの戦いを損なうことなく実施可能と米国防総省

トランプ大統領はソマリア駐留米軍の大半を2021年初めまでに撤退させることを命じた。米国防総省が4日明らかにしたもので、テロとの戦いを損なうことなく実施可能だと説明した。

  国防総省は声明で「軍の態勢は変わるが、米政策の変更ではない」とした上で、「米本土を脅かす恐れのある暴力的な過激派組織を弱体化し続ける」などと表明した。

  約700人規模のソマリア駐留米軍はテロ対策を主な任務としており、国際テロ組織アルカイダとつながりのあるイスラム過激派組織「アルシャバーブ」など地域のテロ組織を標的としている。

原題:
Trump Orders Most U.S. Troops Out of Somalia by Early 2021(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE