, コンテンツにスキップする

ECB、域内大手銀に不良債権の積み上がり回避を促す

欧州中央銀行(ECB)は域内の大手銀行に対し、多額の融資が最終的に焦げ付く恐れがあると促し、企業のローン返済能力や新型コロナウイルス禍への対応力に関する調査を強化するよう求めた。不良債権が銀行業界に重くのしかかるだけでなく、景気回復も減速させることになるという。

  ECB銀行監督委員会は銀行の最高経営者らに宛てた書簡で、問題債権がバランスシートに積み上がり手遅れとなる前に、現段階でリスクを評価し直すことの重要性が高まっていると指摘した。

  銀行監督委のマコール委員は同書簡に関連するブログで、過度に楽観的な想定や、銀行がリスクモデルの基準を緩和する「気掛かりなケース」などを指摘した。

原題:European Banks Warned By ECB to Avoid Letting Bad Loans Pile Up(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE