コンテンツにスキップする

ファイザー、ワクチン原料確保に苦戦-当初の出荷量目標引き下げ

更新日時
  • 原料サプライチェーンの能力増強に予想以上の時間がかかったと説明
  • 「2021年末までには13億回分供給できると自信」-広報担当者

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

ファイザーは新型コロナウイルス感染症(COVID19)ワクチンの今年の出荷量目標を先に引き下げていた要因について、量産に必要な原料を全て確保するのに困難が生じたためだと説明した。

  9月までの発表資料では、年内に最大1億回分の生産を目指していると説明していたが、11月には複数の発表資料でこれを最大5000万回分に下方修正した。ファイザーはコロナワクチンをドイツのビオンテックと共同で開発した。

  ファイザーの広報担当者は3日の発表資料で、製造に必要な大量の原料調達に手間取るなど複数の要因が遅れにつながったと説明。ただ、大量生産の準備は完了しており、現在は急速なペースでワクチンを生産しているとした。

  「このようなペースでのワクチン生産能力増強は前例がなく、われわれが未知の領域に進む中で大きな進展があった」と広報担当のエイミー・ローズ氏は指摘し、特に「原料サプライチェーンの能力増強に予想以上の時間がかかった」とした。米国と欧州のワクチン製造ラインの変更は完了したという。

  ローズ氏は「2021年末までに13億回分を供給できると自信を持っている」と述べた。

  3日の米株式市場でファイザーの株価は一時3.1%下落。サプライチェーンの問題で同社が年内に世界で供給できる見込みのワクチン量が減ったと米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が報じたことが材料視された。このニュースは市場全体にも響き、S&P500種株価指数は0.1%安で終了した。

  メッセンジャーRNA(mRNA)技術に基づく同ワクチンは今週、英当局に使用が認められた。米食品医薬品局(FDA)にも緊急使用許可(EUA)の申請が行われている。

ファイザーとビオンテックのワクチン、英国が承認-米・EUに先駆け

  米モデルナもmRNA技術を用いるコロナワクチンのEUAをFDAに提出済み。同社は3日、21年1-3月(第1四半期)に全世界で1億-1億2500万回分を供給できるとの見通しを示した。

モデルナのコロナワクチン候補、持続的な免疫与える可能性示す

  トランプ米政権の「ワープスピード作戦」の最高執行責任者ガス・ペルナ氏は、米国内で年内に2000万人の接種に十分な4000万回分が提供されるとの見通しを示している。

原題:Pfizer Scaled Back Vaccine Output Targets Earlier This Year (2)(抜粋)

(「ワープスピード作戦」最高執行責任者のコメントを追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE