, コンテンツにスキップする

空売り投資家チャノス氏、テスラのショート縮小も解消はせず

  • チャノス氏「痛手を負った」とブルームバーグTVインタビューで発言
  • テスラは月内にS&P500指数入り、キニコスは5年間ショート継続

空売り投資家ジム・チャノス氏は、米電気自動車メーカー、テスラの株式を5年間にわたり売り持ちにしている。ショートポジションの規模は縮小したものの、まだ解消してはいない。

  チャノス氏に言わせれば、ショート戦略は最初の4年間はそれほど悪くなかったが、直近1年では事情が異なる。テスラの株価は8倍余りに上昇、時価総額は5000億ドル(約51兆9000億円)を超え、S&P500種株価指数の構成銘柄で同社を上回る時価総額の企業は5社しかない。テスラは今月下旬に同指数に採用される。

  チャノス氏のヘッジファンド会社キニコス・アソシエーツはかつて、資本の5%という限度額いっぱいをテスラのショートに投じていた。

  同氏はテスラ株のショートについて、「痛手を負った。それは明らかだ」とブルームバーグテレビジョンとのインタビューで語った。

テスラ株のショートについて「痛手を負った」と語るキニコス・アソシエーツ創業者のジム・チャノス氏

出典:ブルームバーグ)

  それでもチャノス氏は、テスラの事業モデルと株価水準については懐疑的な見方だ。テスラが5四半期連続で黒字を計上できたのは自動車の販売というより、温暖化ガス排出枠(クレジット)の販売が寄与したからだと指摘。同社の株価が発表済み利益を基にした株価収益率(PER)では約900倍、今後4四半期の予想利益を基にしたPERでも150倍余りに達していることにも触れた。

  「マスク氏には会ったことがない。話したこともない」と言うチャノス氏だが、実際に会うことがあれば「これまでのところはよくやった」と褒めるだろうと語った。

Jim Chanos reduces Tesla short bet ahead of its addition to S&P 500

原題:
Tesla Bear Jim Chanos Says He’d Tell Elon Musk ‘Job Well Done’(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE