コンテンツにスキップする
Subscriber Only

米国で昨年12月に既にコロナ感染例、震源地巡る論争再燃も

米国で2019年12月に既に、新型コロナウイルス感染症(COVID19)例があったことを示す研究報告が明らかになった。初の感染例が中国で報告される数週間前に、コロナウイルスが世界で拡散していた可能性を示唆する新たな証拠だ。

  この研究は、米国の9つの州で昨年12月13日から今年1月17日にドナーから採取した7389の血液サンプルの調査に基づくもので、うち106サンプルで感染が確認された。米国赤十字社がサンプルを集め、米疾病対策センター(CDC)が同ウイルスに対する抗体の有無を調査。研究成果は11月30日に発表された。

  報告書には「従来認識されていたよりも早い2019年12月に、新型コロナ感染例が米国に存在していた可能性を今回の研究は示唆している」と記されている。

  中国・武漢市で原因不明の肺炎が広がっていると報告されたのが、19年12月。同市内ではその後数週間で感染が急拡大し、やがて世界中に拡散。米国で最初の感染報告があったのは1月19日だった。

  しかしCDCの研究者による今回の報告は、一般に知られているより早い時期に新型コロナが世界中に静かに広がっていたとの見方を補強する。パンデミック(世界的大流行)の震源地を巡る論争も、これを機に再燃する可能性がある。フランスでも、インフルエンザに似た症状で昨年末に入院した患者1人が実は新型コロナに感染していたと判明しており、公式記録よりも1カ月以上早くから同国で感染が広がっていたとみられる。

原題:
U.S. Covid Cases Found as Early as December 2019, Says Study(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE